マップ集客実践会

2024 Googleビジネスプロフィール作成ガイド

Googleビジネスプロフィール作成ガイド

今回の記事は 2024年版 Googleビジネスプロフィール作成ガイドです。

Googleビジネスプロフィールを利用するためには、まずは作成し、自分で管理できる状態にすることが欠かせません。

一つひとつ確認しましょう。 また、この記事を見ながら登録作業を進めていけるように、実際の手順をスクリーンショットと共に掲載しますので、ご覧になりながら、この記事をご活用ください。

Googleビジネスプロフィールの登録作業をはじめる前に確認すること

Googleビジネスプロフィールの登録作業をはじめる前に、事前に確認しておくべきことが2つあります。

1. Googleアカウント(Gmailアドレス)を取得しているか

Googleビジネスプロフィールの登録には、Googleアカウントが必要です。

Googleアカウントが無いと、Googleビジネスプロフィールに登録できません。

そのため、初めてGoogleビジネスプロフィールを作成しようとする方は、Googleアカウント(Gmailアドレス)の有無を確認しましょう。

すでに確認済の方は「Googleビジネスプロフィールに登録する手順」に進んでください。 それではチェックしていきましょう。

Gmailメールアドレスを取得 または どのGmailを使うか決める

まだ取得していない方は、まずGmailのアドレスを取得して、Googleアカウントを作成しましょう。

すでに個人や会社で「Gmailアドレス」を使用している場合は、この登録作業は必要ありません。

個人と会社、どちらのメールアドレスでGoogleアカウントを取得するか決定しましょう。

個人経営のオーナーの場合、普段から使っているGmailアドレスでも可能ですが、できればもう一つ、店舗(ビジネス)用のGmailを取得するのが良いと思います。

従業員などに管理を任せる場合に、ビジネスのGmailアカウントに権限を設定することで管理をゆだねることが可能になります。

2. Googleビジネスプロフィールに地点登録済か

Googleビジネスプロフィール(Googleマップ)には、すでに自分の店舗情報が掲載(登録)されている場合があります。

店舗や地点の情報は、Googleが登録したり、第三者であっても容易に登録できるからです。

それに気づかず、Googleビジネスプロフィールの登録を新たに進めてしまうと、自分の店舗の情報が重複し、Google検索とGoogleマップに2重に登録されたり、混乱を招きます。

そのため、すでに地点登録がされているかどうかは、事前に確認しましょう。

それでは、地点登録があるかどうか、どのように確認すれば良いのでしょうか。

地点登録の有無を確認する

あなたのビジネスが地点登録済かどうかは、次の手順で確認できます。

1.Googleマップを開く

2.Googleマップの検索窓で「店舗名」+「地名」を入力し検索する

3.Googleマップに地点を示す「赤ピン」が出てこなければ登録されていない、赤ピンが出てきたら地点登録済です

(弊社 株式会社アイキャッチ 赤いピンをご確認ください)

 

地点登録がされていない場合は、次の「Googleビジネスプロフィールに登録する際の手順」に進み、Googleビジネスプロフィールをつくりましょう。

一方、赤ピンがあった場合は、すでに地点登録されている可能性があります 。

ここで一つ理解していただきたいのことがあります。

地点登録されていたとしても、まだ、オーナー(所有者)権限が無い、ということです。

オーナー権限が無いのであれば、管理するためにはオーナー権限を取得する必要があります。

この場合、そのままオーナー権限を取得すれば、そのGoogleビジネスプロフィールの管理者として、掲載写真や情報を修正可能な状態になります。

つぎに、オーナー権限の取得方法をご紹介します。

オーナー権限の取得方法

オーナー権限はつぎの手順で取得できます。

  1. Googleマップを開く
  2. Googleマップの検索窓で「店舗名」+「地名」を入力し検索をかける
  3. Googleマップの画面で左側に出てくるパネルの情報をチェックし、自分の店舗をクリックする
  4. 店舗情報の中の「このビジネスのオーナーですか?」の部分をクリックする
  5. すでにオーナー登録済の場合、現在のオーナーにリクエストを出し、オーナー権限を取得する。オーナー未登録の場合「電話」または「ハガキ」でオーナー権限を取得する。

オーナー権限を取得しましたら、情報の編集に取り掛かりましょう。

写真を撮影したり、ストリートビューを撮影したり、メニューや情報、すべての項目について可能な限り正確な情報を入力し、魅力的なGoogleビジネスプロフィールを入力、作成しましょう。

Googleビジネスプロフィールに新規に登録する手順

Googleビジネスプロフィールの登録が無い場合、新規に店舗をオープンする場合などはこの状態だと思います。

その場合は、次の手順に進みましょう。

  1. Googleビジネスプロフィールの画面を開き、右上の「管理を開始」をクリックします。
  2. 「ビジネス名を入力してください」の部分に店舗名を入力します。正しく入力したら、「次へ」をクリックします。
  3. 「ビジネス所在地」に、ビジネスが存在する「国」、「郵便番号」、「都道府県」、「住所」を入力し、「次へ」をクリックします。
  4. 「ビジネス所在地」のマップで、ビジネスの位置に「ピン」を設定します。ここで設定する位置がGoogleマップに反映されるので、正確にピンを置きましょう。
  5. 「ビジネスのタイプ」は、業種を指します。ここは、Googleビジネスプロフィールであらかじめ設定された業種から選択で決めます。「ビジネスカテゴリ」で「飲食」と入力すれば、カテゴリが表示されますので、ビジネスのタイプは、この中から選択します。
  6. 「連絡先情報の入力」では、ビジネスの電話番号とウェブサイトURLを登録し。「次へ」をクリックします。
  7. 「ビジネスの確認」が表示されたら、確認後に「続行」をクリックします。
  8. 「確認方法をお選びください」では、確認コードを取得する方法を選択します。Googleビジネスプロフィールの登録が初めての場合は、「ハガキ」での確認になるので、「連絡先の名前」を入力し、「郵送」をクリックすると「ハガキを郵送します」という画面が表示されます。
  9. 「リスティングをカスタマイズ」をクリックすると、管理画面が表示されます。ここまで登録できたら、あとはハガキで送られてくる「確認コード」を入力します(まだハガキの発送が完了していない場合、「確認待ち」となります)。
  10. ハガキの発送後、「確認コードの入力」をクリックできます。「コードを入力」という画面が表示されます。ハガキに記載されたコードを入力し、「確認」をクリックします。
  11. Googleビジネスプロフィールの基本登録が完了です。

Googleビジネスプロフィール作成ガイド まとめ

おめでとうございます!これで、Googleビジネスプロフィールの登録が完了し、Google検索とGoogleマップにビジネスが表示されるようになりました。

次のステップは、ビジネスプロフィールの内容を、充実させて、より良いプロフィールにしていきましょう。

そこで注意して取り組むべきなのが、次の2点です。

・基本情報の編集(100%入力する)

・写真や動画の追加(外観、内観、スタッフ、商品、メニューなど)

プロフィールの内容をより充実させることで、これからあなたのビジネスを利用するユーザーに、あなたのビジネスの魅力をアピールできるのです。

そして、それはユーザーの興味を引き出し、店舗の集客数を増加させることにつながります。

Googleビジネスプロフィールの登録が終わった方は、次はプロフィールの内容を充実させる、この2つの施策にとりかかることをおすすめします。

ちなみに、当社は、無料でGoogleビジネスプロフィールの作成、充実、運用などに役立つ無料メンバーシップを設定しております。

メールアドレスだけでご登録いただけますので、ぜひ登録して、お役立ていただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Share:

More Posts

お問い合わせ