マップ集客実践会

Googleマップの新仕様!ハッシュタグ検索で集客経路が無限大!

ハッシュタグ検索

Googleが公式X(ツイッター)で発表した最新(※2019年時点)の仕様変更により、Googleマップの利用方法が、 ハッシュタグ検索 で大きく変わる可能性があります。

これまでのGoogleマップでは、店舗や施設を探す際にはGoogleビジネスプロフィールに登録された情報が主に検索対象でした。

しかし、この新しいアップデートで、ハッシュタグ検索 が可能になりました。

これにより、投稿や口コミに記載されたハッシュタグ検索をすることで、より多様で深い情報にアクセスできるようになります。

※記事内のGoogleマイビジネスをGoogleビジネスプロフィールに変更しました。同様にTwitter(ツイッター)をXに変更しました。

変更点の概要

ハッシュタグ検索の導入

Googleマップでの検索において、ハッシュタグ検索(#〇〇)を使用することができるようになりました。

これにより、ユーザーは特定のキーワードやトピックに関連する口コミを簡単に見つけることができます。

集客経路への影響

この仕様変更により、店舗や事業者にとって集客経路が大きく広がる可能性があります。

ユーザーが特定のハッシュタグで検索した際に、自分のビジネスに関連する口コミが上位に表示されることで、新たな顧客を獲得するチャンスが増えます。

たとえば、あるレストランが「#ヴィーガンフレンドリー」というハッシュタグを含む口コミを多数集めている場合、そのハッシュタグで検索しているユーザーに対して直接アピールできる可能性があります。

ビジネスへの提案

ハッシュタグを積極的に活用する

 お客様に対して、口コミ投稿時に特定のハッシュタグを使ってもらうよう呼びかけましょう。

キャンペーンやイベントに関連するハッシュタグを作成することで、検索時にあなたのビジネスが目立つようになります。

口コミの質を高める

ハッシュタグ検索によって、良質な口コミがより重要になります。

顧客に対して、満足度の高い体験を提供し、ポジティブな口コミを増やすことが集客につながります。

分析ツールを利用する

Googleビジネスプロフィールの分析ツールを使って、どのハッシュタグが最も影響力があるかを調査しましょう。この情報を基に、マーケティング戦略を練り直すことが可能です。

Googleマップのこの新しい仕様は、ユーザーとビジネス双方にとって大きなメリットをもたらします。

特に小規模事業者や士業事務所など、地域密着型のビジネスにとっては、地域コミュニティ内での知名度を高める絶好の機会を提供します。

これまでのように、単に情報の掲載だけでなく、顧客の声を通じてビジネスの魅力を伝えられるようになります。

特に、ターゲットとする顧客層が明確なビジネスにとっては、その顧客層がよく使うハッシュタグを分析し、積極的に関連付けることで、より効果的な集客が期待できます。

アップデートのタイミングと日本でのハッシュタグ検索利用

この新しいハッシュタグ検索機能の具体的な導入時期については、Google公式のアナウンスでは詳細な日付は明らかにされていません。

しかし、Googleは通常、新機能を段階的にロールアウトする傾向にあるため、まずは限られた市場でのテスト導入が行われる可能性が高いです。

日本を含む各国での利用可能時期についても、同様に地域によって差が出ることが予想されます。

ただし、Googleマップは世界中で広く利用されているサービスであり、日本市場も非常に重要視されています。そのため、この新機能は日本を含む主要な市場で順次利用可能になることが期待されます。

日本のビジネスオーナーも、この新しい機能の導入に備え、ハッシュタグを活用したマーケティング戦略を立て始めることが賢明でしょう。

ハッシュタグ検索 結論

Googleマップのハッシュタグ検索機能の導入は、検索方法に革命をもたらす可能性があります。

ビジネスオーナーは、この新しい機能を最大限に活用することで、潜在顧客に対して自らを効果的にアピールし、集客経路を大きく広げることができるでしょう。

今はまだ全ての詳細が明らかになっていないものの、この機能が正式に導入されるまでに準備を進め、迅速に対応できるようにしておくことが重要です。

新しいハッシュタグ検索機能の導入によって、Googleマップはただの地図サービスではなく、よりインタラクティブでユーザーに寄り添ったプラットフォームへと進化を遂げています。

日本のビジネスオーナーもこのチャンスを活かし、新しい集客の道を切り開く準備を始めましょう。

(追記 ただし、たくさん入れれば良いという訳ではないようです。また、で入れなくとも、通常の投稿内に入れるだけで良いという見解もあります。ハッシュタグを入れるとしても、あくまでビジネスに沿った内容で、多くても5つ程度までにする方が良いという見解もあります。あまりたくさんいれると、スパムとみなされる可能性があるためです。慎重に、実験的に始めることをおすすめします。)

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

Share:

More Posts

お問い合わせ